池蝶本真珠とは?『※表現に騙されないように注意』

池蝶(イケチョウ)本真珠について詳しく解説していきます。真珠パールには海で採れるものと淡水である湖などで採れるものがありますが、今回取り上げる池蝶本真珠と言うのは日本の琵琶湖や霞ヶ浦の特産として有名な真珠貝を指しています。

 

池蝶(イケチョウ)貝

池蝶(イケチョウ)貝はイシガイ科の二枚貝で、殻は長さ20センチほどの菱形をしています。淡水真珠の母貝として有名ですが、池蝶貝の殻はボタン材料としても利用されています。

 

霞ヶ浦には、1930年代から淡水真珠養殖として注目され初め、1960年代には野生個体群が成立るまでにもなりましたが、1970年代の半ばから環境汚染や乱獲といった問題から徐々に個体数が減少し始めました。

またイケチョウ貝の成長が遅い事もあり、その対策から同属のヒレイケチョウ貝を導入し始めました。

 

名前は似ていますが両者の特徴は以下の通りです。

・池蝶(イケチョウ)貝は成長が遅いが国産というメリット。

・ヒレイケチョウ貝は成長が速いが国産ではないというデメリット。(中国産)

 

よって、国産の池蝶貝の成長を待つ間は中国産のヒレイケチョウ貝で賄っているという状態でした。

池蝶貝とヒレイケチョウ貝の形・違い等は、

淡水パールとは?【わずか3分で意味まで詳しく】

淡水パールとアコヤパールの違い【※写真付き】

でも詳しく解説していますが、アコヤ真珠と淡水真珠では光方が異なり、イケチョウ貝の淡水パールは優しい色合いを出す傾向にあります。

 

真珠ランクの違い・価値の差

淡水パールと海パールでは価値が違うという見方や、淡水パールは本真珠ではないというような意見も見られますが、結論から言ってしまえば、海真珠であろうが淡水真珠であろうが、プラスチックパールでさえ無ければ養殖であろうが、すべてが本真珠と言う事が出来ますし、それぞれにメリット・価値があります。

詳しくは、

本真珠とは?【もちろん養殖も含みます】

真珠の見分け方【これで今日からあなたも専門家!】

もご覧ください。

 

ネット上には、格安の淡水パールネックレスが出回っており、海真珠であるアコヤパールや南洋真珠との価格差は歴然としています。

当然真珠の値段には「まき」や「テリ」と言った要素が関係してきますが、値段の差という観点で見た時に淡水真珠がなぜ安いのか?

これは一つの貝から採れる真珠の量に大きく依存しています。

海パールは基本的に1つの貝から1つの真珠しか採れませんが、淡水パール一つの貝から沢山の真珠を取り出すことが出来ますし、成長も海パールのアコヤ貝や南洋真珠に比べて早い傾向にあります。

また母貝自体も数回再利用できる事からコスト面で大幅な節約が可能となり、この事実が淡水真珠の価格を大幅に下げているという事が出来ます。

また一般的に真珠の形が真円に近いものは価値があると言われていますが、現在ほとんどの真珠は養殖の段階で真円のきっかけとなる核や外套膜を挿入することでこの真円技術が進歩してきています。

これらはアコヤ真珠・淡水真珠同様になされていますが、そもそもアコヤ真珠では個体数が少ない為に、真円に近い真珠が取れた場合にはとりわけ高価格となります。

また、国産池蝶(イケチョウ)真珠に関しても個体数が少なく希少価値があるために、アコヤ真珠や南洋真珠同様に高取引されています。

 

★価格に関係なくすべての真珠に価値があります。

 

真珠の手入れについて。

真珠の手入れについて心配される方もおられますが、そこまで気にする必要はなく、使い終わった後は柔らかい布等で金具の留め具部分も含めて、やさしく丁寧にふいてあげるだけで十分長持ちさせることが出来ます。

 

まとめ

池蝶(イケチョウ)本真珠とは、日本の琵琶湖や霞ケ浦に生息している淡水真珠の母貝を指しています。今現在では個体数が少なくなり、中国産のヒレイケチョウ貝が主な淡水パールとして流通しています。

母貝から採れる真珠の数が多い事から市場価格が低めの淡水パールですが、日本の池蝶(イケチョウ)貝は既に個体数が減少していることからも、希少価値があり高取引される傾向にあります。

真珠の価値は価格で決まるのではなく、基「まき」「テリ」「形」等基本的な条件を満たしてさえいれば、どんな真珠であれとても貴重です。中にはあえて歪な形をした真珠が素敵だという場合もありますので、個人の認識によって価値は決まります。