パール販売店独特のイメージとは?

パールを販売しているお店・ネットショップは色々あります。

どのお店にもお店独特のイメージがあり、基本デパートなどのパールネックレス販売店を見ると華やかでとても高級感があります。

販売しているのだから気軽に試してみたり触ったり出来るのが普通なんですが、どうしてもお金持ちではない私には抵抗を感じてしまう事があります。

そもそも、私の場合は市場調査の為に色々パールネックレス販売店をチェックし、国外中国のパールネックレス販売店にも時々見て回ったりしますが、どの国も基本的に同じような雰囲気をかもし出しています。

初め真珠について知識がなかったころは、「手にとってもいいか?」とガラスケースから取り出してもらうのに勇気がいりましたが、今では抵抗なく自分一人でもためらうことなく言えます。

コテッコテのパール販売店

先ほどもお伝えしたように、パール販売店はどこも似通った雰囲気があるのですが、中国の西安に一つだけ独特なお店があり、今回はどうしても紹介したいと思いました。

それがこんなお店です。

画像引用元:https://pearlpalace.taobao.com/?spm=2013.1.0.0.6db0d027sbjDMm

この店は淡水パールがメインの中国において日本の高級アコヤ真珠を販売しているのですが、第一印象でどうしても武士や和のイメージが強く残ります。

ネットショップでもそこそこ人気のお店ですが、パール店では珍しく男性がパールの指輪をしているような写真を載せたりもしています。

日本のアコヤ真珠もここまでコテッコテに表現できるとなると、MIKIMOTOやTASAKIも驚きですね。