ミキモト淡水パールネックレスは本当に存在するか?

ミキモトが提供している淡水パールネックレスについて解説していきます。簡潔に言ってしまえば、公式サイトからは見つけるのが難しく、現在は中古品などを取り扱っているショップ様から購入する形を採ります。

ミキモト淡水パールの真実。

ミキモトのアコヤ真珠ネックレスは、普通に数十万~数百万という高価格帯のものばかりです。

しかし、ブランド力のミキモト製品が欲しい方の中には、

 

・原価の安い淡水パールは製造していないのだろうか?

・アコヤパールは買えないけれども、ミキモトの淡水パールを探してみたい!

 

などと思われたかもしれません。

私自身ミキモトの人間ではないので詳しい事情を語ることは出来ませんが、調べていくとMIKIMOTO社の公式ホームページに淡水パールネックレスは現状存在せず、すべては中古業者が扱っている状態となっております。

少し残念な気がしますが、簡単に整理してみますと、

つまり過去にミキモトは淡水パールを販売していた!という事になります。

 

ミキモトには以前セカンドブランドという物が存在しており、その名も

ミキモトペルリータ( MIKIMOTO PERLITA)

と呼ばれていました。

 

知っている人の間ではすごく有名ですが、最近真珠について興味を持ち始めた方などは知らなかった方も多いかと思います。

このミキモトペルリータはカジュアルジュエリーブランドとして以前存在していましたが、残念ながら2013年に販売を終了してしまいました。

つまりこのミキモトペルリータがかつて淡水パールを製造していたと思われ、現在も中古市場では少量出回っています。

見分けるポイント

何も知らずにミキモトの淡水パールをネットで調べていくと、いくつかの商品が出て来ます。

基本ミキモトの商品にはアルファベットで、MIKIMOTO・またはにMと刻印がされているのに対し、ミキモトペルリータの商品には、MIIとだけ刻印されています。

ここはミキモト製品を見分ける一つの判断材料となることでしょう。

詳しくはホームページも参照してください。

MIKIMOTOよくある質問

 

この刻印が確認できなかったり、商品説明蘭にしっかり記載されていない場合は、真実を証明することが出来ません。ただ、刻印を施すことくらいは誰でもできますから、購入時にはお店が信頼できるかどうか慎重になりたいものです。

ミキモト淡水パールは高品質?

かつてミキモトペルリータが提供していた淡水パールネックレスは、アコヤ真珠のものに比べるとかなり安い傾向にありますが、それでも一般庶民からすれば十分高めの商品です。

あの世界を誇る高級ブランドが提供する淡水パールネックレスですから、品質が悪いという事はいくらミキモトセカンドブランドでもあり得ない事でしょう。

もしミキモトペルリータが低品質の商品を提供していたとすれば、それはミキモトの評価に大きく影響してきます。つまりミキモトペルリータの淡水パールも、アコヤ真珠と同様厳しい選定基準を乗り越えたものだと確信できるでしょう。

不思議な事に、これがブランド力というもので、商品をしっかりと確かめなくても信頼と安心感を提供してくれます。

しかしそのブランドにはしっかりと、ブランド料金が課せられていることも注目したいものです。

ミキモト淡水パールネックレスの形状

いくつかの中古販売店で販売されている、ミキモトペルリータ淡水パールネックレスを見てみますと、ほとんどがバロック型をしています。パールの形には様々なものがあり、

代表的なものとして

・ポテト型

・バロック型

・真円

これらが挙げられます。

真円の種類にも、

・ラウンド(真円)

・セミラウンド(真円に近い)

など様々です。

 

どうしても安物の真珠や核を挿入しない真珠に関してはポテト型やバロック型になりやすいのが特徴ですが、それに比べてアコヤ真珠は核を挿入することで、綺麗な真円に近い真珠を養殖することが可能です。

アコヤ真珠と淡水パールの違いについて知りたい方は、

 

淡水パールとアコヤパールの違い【※写真付き】

もご覧ください。

 

まとめ

ミキモト淡水パールというのは、かつてミキモトのセカンドブランドであるミキモトペルリータが提供していた商品の事を指しています。2013年に販売が終了したことから、今では中古のみの商品となり、ネット上で未だに高取引がなされており、注目されています。

ミキモト淡水パールの製品には必ず刻印がある事を忘れずに確認したいものです。