ミキモトパールネックレスは本当に高品質か?【※暴露します】

ミキモトが提供しているパールネックレスについて解説していきます。簡潔に言ってしまえば、現行最高級クラスの真珠ネックレスはこのブランドが所持していると言えるでしょう。

ミキモトパールの疑問。

ミキモトの販売しているアコヤ真珠ネックレスは、普通に数十万~数百万という高価格帯のものばかりです。

しかし、中にはその販売価格の高さゆえに

・ブランド料金が相当加算されているのではないだろうか?

・ミキモト社の真珠ネックレスは買えないから他の安いネックレスでも十分。

などと思われたかもしれません。

私自身ミキモトの人間ではないので詳しい内部事情を語ることは出来ませんが、調べていくと上記のような意見や疑問を述べられている方もおられます。

真珠ネックレスを扱っている私個人の意見としては、最高品質のパールはミキモトが所持しているという感想になります。

最高クラスの具体的な品質に関しては以下の記事で詳しく扱っていますが

真珠ネックレスの最高級クラスとは?【※花珠は間違い?】

今回は高品質ミキモトパールを所持する事の価値感や個人的意見などについて触れていきたいと思います。ミキモトのパールネックレスがお予算的に難しい方にも、失敗しないよう適切なパールを選んでいただけるよう解説していきます。

ミキモトを買うとは何もかもトップであるという事

ミキモトのパールネックレスを買うという事は、トップ品質を所持するという事です。なぜ高いお金を出してまでミキモトの真珠ネックレスを買うのか?

もちろんパールの品質がトップクラスであるという理由もありますが、一番はトップブランドを所持していて、頂点にいるという自身の満足感ではないでしょうか?

パールだけでなく、輝くミキモト刻印入りのK18WGクラスプも最高に美しく、Mロゴもとっても素敵です。

これは、富士山の頂上から景色を眺めるのと同様、一番上を体験出来ることから来る最高の気分です。

普段から真珠を扱っている私でも、ミキモトの製品にはなにか不思議と魅力を感じてしまう独特の空気と空間が存在します。

いつかこのブランドネックレスを買いたいという思いにさせてくれるのがミキモトパールネックレスの魅力とも言えます。

せっかく買うなら店頭にある三桁クラスを

ミキモトの真珠ネックレスを購入するのであれば、是非店頭で実物を見ていただいてから購入するのが良いと思います。

パールネックレスは1つ1つ違います。でもせっかく購入するのであれば、その場所にある高級クラスを手にしていただきたいです。

ミキモトのパールネックレスと言っても、お値段やランクも様々です。個人的な意見ですが、中途半端なランクを買うのでしたら買わない方が良いと思います。

パールサイズによって値段も変わりますが、最低でも100万円くらいはお予算を確保しておいた方が良いと思います。

ミキモトのオンラインショップを見ますと、Mikimoto Premiumの7.5-8.0㎜が100万くらいです。

実際にプレミアムとそれ以外を比較すると、確かにテリが違いますのでこのクラスを所持したいところです。

お店やネックレスの個体差などはあるとは思いますが、どのクラスでも傷は微量にすぎず、主にテリの違いで値段が分かれているという印象です。

パールサイズに関しては7-7.5㎜でも良いですが、現状ノーブランド製品ではほとんどの方は冠婚葬祭用で8.5-9.0㎜を選択されていますので少し物足りなくなります。

ですのでミキモトのパールネックレスなら、最低限7.5-8.0㎜は欲しいものです。

あえて控えめに飾るというのがとてもエレガントです。

ワンサイズ上のMikimoto Premiumの8㎜は170万程していますので、それなら7.5-8.0㎜ワンランク上のThe Best of The Bestが届くかなと思います。

(あくまでも個人的な意見です)

中古は絶対にNG

ミキモトなどのブランドパールネックレスを購入される方の中には、中古品の購入を検討されている方もおられるかもしれません。

こんな事は本来言いたくないのですが、ミキモトのパールネックレスであったとしても、必ず経年劣化は起こします。ですので、基本的にパールネックレスに限っては中古品を探すことは極力避けるようにして下さい。

もちろんブランドとしての価値はございますが、パールのテリを重視しておられる方や、一生物の購入に中古品はおススメしません。

適切な真珠ネックレス選び

パールネックレスを検討されるにあたり、もしかすると一番にミキモトの名前が浮かんだり、検索してTOPページにミキモトブランドが表示されていたのでミキモトについて検索されたのかもしれません。

でも実際に見ていくと、多くの方にとって予算的に難しいのが現状です。

結果としてミキモトの真珠でなくても良いから、なるべく似たような高品質のパールネックレスを購入したいと思われたかもしません。

現状ミキモト製品であれば、100万くらいのお予算を確保できても購入できるのは7.5-8.0㎜サイズです。

現状多くの方が8.5-9.0mmサイズを購入されているので、そのボリュームが必要な場合にはミキモトのパールネックレスにこだわる必要はないかもいしれません。

高品質なパールを扱っている販売店から購入することで、似たようなネックレスが購入できる可能性が十分ございます。

沢山比較検討されてぜひ最適なネックレスをお選びください。

 

当店のブログでは、最適なパールネックレス選びを応援しております。

真珠ネックレスはどこで買う?【※個々に合わせた適正診断】

↑この記事は、自分が通販向きなのか、それとも店頭での購入向きなのかを知り、ベストな一品を見つける上で助けになる記事です。

真珠ネックレスの相場とは?【※裏事情も】

↑この記事は、当店の売り上げ傾向から多くの人が一番手にされているネックレスの価格帯を分析しています。

花珠真珠ネックレス【※後悔する前にチェックする事】

↑この記事は、当店の直近売り上げ100セット以上のデータをもとに、一番多くの人が手にされているパールサイズを分析し、同時に花珠についての正しい知識を得る上で助けになります。

真珠ネックレスの最高級クラスとは?【※花珠は間違い?】

↑この記事では、いわゆるパールの最高品質とはどのような品質の事を指すのか、つまり上を知って下を知るのに助けになります。

これらの記事は多少役に立てていただけるかと思います。

ミキモト淡水パールネックレスは本当に存在するか?

ミキモト真珠が好きな方にとっては、淡水パールにも興味が出てくるかもしれません。

ただ調べていくとMIKIMOTO社の公式ホームページに淡水パールネックレスは存在せず、現状すべては中古業者が扱っている状態となっております。

少し残念な気がしますが、簡単に整理してみますと、

過去にミキモトは淡水パールを販売していた!という事になります。

ミキモトには以前セカンドブランドという物が存在しており、その名も

ミキモトペルリータ( MIKIMOTO PERLITA)

と呼ばれていました。

知っている人の間ではすごく有名ですが、最近真珠について興味を持ち始めた方などは知らなかった方も多いかと思います。

このミキモトペルリータはカジュアルジュエリーブランドとして以前存在していましたが、残念ながら2013年に販売を終了してしまいました。

つまりこのミキモトペルリータがかつて淡水パールを製造していたと思われ、現在も中古市場では少量出回っています。

見分けるポイント

何も知らずにミキモトの淡水パールをネットで調べていくと、いくつかの商品が出て来ます。

基本ミキモトの商品にはアルファベットで、MIKIMOTO・またはにMと刻印がされているのに対し、ミキモトペルリータの商品には、MIIとだけ刻印されています。

ここはミキモト製品を見分ける一つの判断材料となることでしょう。

この刻印が確認できなかったり、商品説明蘭にしっかり記載されていない場合は、真実を証明することが出来ません。ただ、刻印を施すことやクラスプのみ変更する事くらいは誰でもできますから、購入時にはお店が信頼できるかどうか慎重になりたいものです。

ミキモト淡水パールは高品質?

かつてミキモトペルリータが提供していた淡水パールネックレスは、アコヤ真珠のものに比べるとかなり安い傾向にありますが、それでも一般庶民感覚からすれば十分高めの商品です。

あの世界を誇る高級ブランドが提供する淡水パールネックレスですから、品質が悪いという事はいくらミキモトセカンドブランドでもあり得ない事でしょう。

もしミキモトペルリータが低品質の商品を提供していたとすれば、それはミキモトの評価に大きく影響してきます。つまりミキモトペルリータの淡水パールも、アコヤ真珠と同様厳しい選定基準を乗り越えたものだと確信できるでしょう。

不思議な事に、これがブランド力というもので、商品をしっかりと確かめなくても信頼と安心感を提供してくれます。

ミキモト淡水パールネックレスの形状

いくつかの中古販売店で販売されている、ミキモトペルリータ淡水パールネックレスを見てみますと、ほとんどがバロック型をしています。パールの形には様々なものがあり、

代表的なものとして

・ポテト型

・バロック型

・真円

これらが挙げられます。

真円の種類にも、

・ラウンド(真円)

・セミラウンド(真円に近い)

など様々です。

 

どうしても安物の真珠や核を挿入しない真珠に関してはポテト型やバロック型になりやすいのが特徴ですが、それに比べてアコヤ真珠は核を挿入することで、綺麗な真円に近い真珠を養殖することが可能です。

まとめ

ミキモトパールはそのブランド力だけでなく、品質も価格も最高クラスです。そのトップブランドを所持する事から来る感覚は何にも変えられません。出来るなら三桁台をおすすめし、中古品にはなるべく気を付けるようにしたいものです。

ミキモトの淡水パールというのは、かつてミキモトのセカンドブランドであるミキモトペルリータが提供していた商品の事を指しています。2013年に販売が終了したことから、今では中古のみの商品となり、ネット上で未だに高取引がなされており、注目されています。

ミキモトの製品には必ず刻印がある事を忘れずに確認したいものです。