パールネックレスの長さ比較【※一覧まるわかり即解決】

真珠ネックレスの長さが分からない方、買ってみたものの調整したい方、長さ別の用途などが直ぐに分かるように、一覧でまとめていきます。

真珠ネックレスの長さ一覧表

Choker
チョーカー

長さ40㎝のネックレス。フォーマルからカジュアルまでお使いいただけるサイズです。(小柄な方にぴったり)

Princess
(プリンセス)

40~45㎝のネックレスを指します。(1連フォーマルはここまでです

Matinee
(マチネー)

50~55㎝のネックレス。少し長めですので、お洋服と重なり、カジュアルネックレスとなります。

Opera
(オペラ)

70㎝~80㎝のネックレス。パーティーやドレスなどによく合う長さです。クラスプを付けると2連にも出来る長さです。

Rope
(ロープ)

 約107㎝以上のネックレスを指しますが、ロングでは100㎝・120㎝・160㎝などがあります。

120㎝はクラスプを着けて3連も可能です。

パールネックレスの長さ比較

次に、適切な長さを判断できるようフォーマル用の一連ネックレスに対象を絞って長さ比較をしていきます。当サイトでは40-45㎝の長さを比較対象に致しました。

このように、同じ身長と体格の人が異なる長さのネックレスを着用すると、見た目にかなり影響が出ます。

このモデルでベストなサイズは42-43㎝程になります。

真珠ネックレス長さの選び方編

真珠ネックレスを購入時に自分自身にぴったりな長さが分からない方が沢山おられます。特に通販では試着が出来ない為なおさらですので、この項目で解決していきます。

日本国内の平均体型:158㎝ 52㎏を基準とし、国内での平均長さは42㎝となっておりますが、人それぞれ身長や体型が異なりますので、選択に少し戸惑うかもしれません。

最終的にはご購入者様の判断という事になりますが、国内の真珠ネックレスを見て総合判断するなら、クラスプ(留め具)を含めた43㎝が一番無難な選択という事になります。

長さ43㎝がおすすめの理由

ほとんどの冠婚葬祭ネックレスはクラスプを含まない状態で40㎝ですので、チョーカータイプとなりクラスプを含めると全長が約43㎝程になります。

これは1連のパールネックレスというのは、卸の段階でパール部分が40~41㎝の状態で卸されるのが理由です。つまり裏を返せばこの長さが一番日本人には合っているという事になります。

ですので、極端にやせ型でなかったり首が太いわけではないのであれば、43㎝を選択しておけば失敗する事はありません。時々身長との関係性を気にされる方もいらっしゃいますが、身長よりも首回りの太さや体格で主に決めるのが確実です。

沢山ネックレスを通販で販売してきたうえでの実績とも言えますので、信じていただければ幸いです。

44㎝や45㎝という長さもございますが、標準体型の方が45㎝のネックレスを装着されますと、形が縦長の楕円形になり場合によってはトップがお洋服と重なる事もございます。

お洋服の種類にもよりますが、お洋服の事情で標準体型の方でも41㎝を選択される方がおられます。

先ほど国内での平均長さは42㎝と記載しましたが、真珠のサイズによっても多少見た目が異なります。

大体の目安ですが、

★パールサイズ6-7㎜程度において42㎝が標準的

★8~9㎜程度の真珠ですと43㎝を選択されるとピッタリです。

最近では8.5-9.0㎜や9.0-9.5㎜を買われる方も増えましたので、43㎝がやはりおすすめです。

やせ型の長さ目安

首や全体的にやせ型の方は、41㎝くらいがちょうどよい長さとなります。

中には38㎝程を選択される方もおられますので、心配な方は事前に最寄りの宝石店などで確認するのも一つの方法です。

パールネックレスの長さ・首が太い場合

44㎝や45㎝という長さもございますが、43㎝に比べて気持ち長めというイメージがありますので、標準体型よりも少し大きめの方や首が太い方には45㎝の方が合わせやすい長さとなります。

46㎝~48㎝程度の長さをお求めの方もいらっしゃいますが、かなり大柄タイプの方が選択されます。

国内のパールネックレスをステンレスワイヤーで組むと最長でも44㎝です。

その為44㎝を超えてネックレスを制作すると、パールが足りなくなる為に追加でお値段を請求されることがございますので、長めで注文する際には事前確認が必要です。

長さに関しては、真珠ネックレス質問集に記載している以下の欄もご確認下さい。

・首が太めなので、45㎝もしくは46㎝にしたいです。(もしくは短くしたいです)

パールネックレス長さの測り方

今手持ちのネックレスが何センチあるのかを知りたいけれど、測り方が分からない方がおられます。

通常はクラスプ(留め具)を含めた長さを測りますが、具体的にどこからどこまでかです。

こちら側の場合棒の先端ではありませんので気を付けましょう。この先端は装着した時隠れる部分ですので、ツメが引っかかって実際の長さが出る部分から測ります。

こちらの部分は、先ほどのツメがかかる部分をエンドと判断します。

この留め具以外のタイプも沢山ありますが、重要なのは留め具を着けた時にどの部分までが実際の長さになるのかを見る事です。

これさえわかれば、手持ちのパールネックレスの長さが何センチなのかという疑問はあっという間に解決します。

真珠ネックレスの長さ調整

真珠のネックレスを通販で購入する場合、試すことが出来ないので実際のイメージと異なることがございます。

そこで、多くの販売店では購入後のアフターサポートして無料で長さの調節が出来るようになっています。

ただ、一度購入したものをまたお店に送って調節してもらうのも手間がかかります。

そこで中には、ご自身で真珠ネックレスの長さを調整される方もおられるようです。

過去記事

真珠ネックレスの糸と交換について

こちらでも真珠ネックレスの糸交換について詳しく記載していますが、YouTubeなどでも糸交換の方法が載せられています。

セミロング・ロング70~80㎝のネックレス

次にセミロングやロングネックレスの用途などをもう少しまとめます。

70㎝~80㎝のネックレスは主にカジュアル用として使用いただけます。

通常の1連ネックレス2倍の長さとなりますので、クラスプを取り付ける事によって2連にする事も可能ですが、クラスプなしの場合は1連のみのアレンジ範囲となります。(70㎝の場合短い場合もあり)

小珠の真珠ネックレスでも素敵ですが、9㎜を超えるような淡水パールもよく似あいます。

長さのイメージは、胸元にかかる程度の長さです。

100㎝以上の真珠ネックレス。

100㎝を超える真珠ネックレスは少しお値段致しますが、沢山のアレンジが可能です。

120㎝の場合、クラスプを取り付けると3連も可能となりアレンジ範囲が広がります。

ロングネックレスに関してはYouTube上で見つけた以下の動画も参照できると思いました。

 

通販・冠婚葬祭用で確実に失敗しない方法

中には、自分の理想の長さが何センチなのかを購入前にしっかりと確かめたい方もおられるかもしれません。

その場合には、まず一度最寄りの真珠ネックレス販売店に赴き実際に試着してみるのも一つの方法です。

43㎝と45㎝ではわずか2㎝の差ですが、装着後のイメージが違いますので、実際に着用して確認される事をおすすめします。

パールサイズも同様に1㎜で大きな違いがございます。

まとめ

158㎝・52㎏を標準体型とし、多くの方が43㎝のネックレスを選択されています。

パールの大きさによって若干の変化がございますが、この体型と長さを基準として理想の長さをご判断下さい。

当店でも無料にて長さ調節を行っておりますので、ご購入の際にはご不明な点も合わせてお気軽にお問い合わせ下さい。