花珠真珠ネックレス

花珠真珠ネックレスの8ミリサイズはアコヤ真珠の中でも人気サイズですが今では小さすぎて場合によっては後悔することもございます。

今回は特に、最近売れ筋が良く多くの人が手にされている最高級花珠真珠から裏事情までを動画も含めて記事にしていきます。

花珠真珠ネックレスの8ミリサイズは時代遅れ?

花珠真珠ネックレスの購入を検討されている方の中には、

①今持っているパールからサイズアップしたい。

②初めてだけれど高品質の真珠ネックレスを購入したい。

③大切な人にプレゼントしたい。

など主に初めて購入される方と買い替えの2タイプに分かれるかと思います。

 

購入を検討される際に問題になるのがパールサイズや価格です。

数十年前までは6.5㎜や7.0㎜のアコヤ真珠を手にされている方がほとんどかもしれません。

私の祖母の遺品も小さいパールサイズでした。

 

しかし時代と共にパールサイズも変化してきており、今となっては8-8.5㎜サイズを手にされる方も増えてきました。

でもその8ミリ真珠であっても時代遅れになろうとしています。

冠婚葬祭用花珠真珠ネックレスは8ミリ以上の時代

冠婚葬祭用花珠ネックレス=8ミリというのは過去の考え方です。

今ではほとんどの方が8.5-9.0ミリの以上の真珠を選択されます。

当店でも毎月沢山の方が花珠真珠ネックレスを購入されていますが、「8ミリでは小さいのではないか?」という不安を持っておられる方が多く、結果としてかなりの方が8.5-9.0㎜のネックレスを購入されています。

もちろん購入される方の年齢にもよりますが、花珠クラスを手にされる方の多くは比較的中高年の年齢層ですのでなおさらと言えます。(最近では若い方も8.5や9.0㎜を選択される方がほとんどです)

お店やデパートでは7ミリや7.5ミリ程度の花珠しか見かける事がないので、店員さんから勧められると一瞬7ミリでもいいかなと思いがちですが、今圧倒的に売れているのは8.5-9.0ミリの花珠真珠ネックレスになります。

ただパールサイズがアップする事で解決しなければいけない問題が価格です。

花珠真珠ネックレスの種類と価格

「花珠」という名称が付いているだけで高品質というイメージを想像しがちですが、花珠=最高品質とは必ずしも言えません。

販売店の私たちからすれば、「花珠」という称号が付いているだけで売れやすくなるので積極的に花珠鑑別書を付けていきたいところですが、実際にはそれだけでは品質の判断にはなりません。

確かに花珠鑑別書がつく真珠ネックレスは比較的高品質ではありますが、「花珠」に関する基準は鑑別機関によって設定されており、日本全体で統一された明確な基準があるわけでもございません。

それが原因で花珠真珠ネックレスにも実際には大きな価格差や品質のランクが存在します。

このように説明してしまうと、

★一体どの花珠真珠ネックレスを選べばよいのか?

という疑問が生じてしまいますので、次の項目で解決していきます。

丸わかり!鑑別機関と価格別で見る花珠真珠ネックレスと相場

真珠ネックレスの相場とは?【※裏事情も】

でも書きましたが本来真珠ネックレスに相場は存在しにくいのですが、しかし通販ではやはり価格を意識していますので大まかな相場が存在しているのは事実です。

そしてその相場が花珠真珠の価値や品質を場合によっては下げてしまう事になるのですが、大まかに鑑別機関ごとに分けていただけると大体の相場がどうしても出てきます。

当店では主にGGC花珠と真珠科学研究所の花珠を扱っておりますが、他店を含めた大体の相場は以下の通りです。

(真珠総合研究所花珠も一部ございます)

鑑別機関/サイズ 8.0-8.5ミリ 8.5-9.0ミリ 9.0-9.5ミリ
GGC花珠 約50,000円~ 約60,000円~ 約90,000円~

真珠総合研究所

花珠認む鑑別

約80,000円~ 約100,000円~ 約140,000円~

真珠科学研究所

オーロラ花珠

約90,000円~ 約120,000円~ 約150,000円~

真珠科学研究所

オーロラ天女

約180,000円~ 約200,000円~ 約230,000円~

★今後変更になる可能性もございます。

 

花珠真珠ネックレスを発行している機関で有名なのは約3社で、宝石店でも見かけることがあります。

①真珠科学研究所

②真珠総合研究所

③GGC(ジャパンジェムグレーディングセンター)

 

この中でも真珠科学研究所が発行している花珠の基準は厳しく値段が上がりますが、注目できる点として真珠科学研究所の花珠には「オーロラ花珠」と上位の「オーロラ天女」が存在する事です。

当店では真珠総合研究所の花珠は少ししか扱っておりませんが、よく言われている位置づけとしては

真科研オーロラ天女→真科研オーロラ花珠→真総研花珠→GGC花珠

となっております。

ただ検査基準の向上や見直しにより、こういったランク付けの概念は既に存在しない可能性もあり、現にそういった現象がみられているため上記の相場は変更になる可能性が十分ございます。

★花珠真珠を購入する時は、価格だけでなくどのような花珠鑑別かも確認する。

(鑑別機関ごとに大体の相場価格が存在してしまっていますが、高級パール=〇〇の鑑別という認識は必ずしも適用されないことを念頭においてください)

 

花珠の基準は富士山の高さに過ぎない

花珠真珠と聞くだけで最高級パールの様なイメージがありますが、決して最高級ではありません。

例えるならば花珠の基準は日本の富士山くらいです。

日本の中では一番高い山ですが、世界一高い山は言うまでもなく富士山の2倍以上の高さを誇るエベレストです。

そしてヒマラヤ山脈にはエベレスト級の山が沢山あるのではないでしょうか?

日本で生活していれば富士山は間違いなく高い山という認識ですが、一度海外で富士山以上の山々を見てしまえば、その感覚は変わってしまうかもしれません。

花珠真珠ネックレスも同じ事で、高い花珠ネックレスを詳しく見ていけば見るほど、花珠という合格基準は比較的緩いということに気づきます。

 

★最高級の「花珠」称号鑑別付きでも品質は富士山級からエベレスト級まである。

 

以下に低価格帯の花珠と高価格帯の花珠を比較した動画を掲載いたします。

 

高級ネックレス=花珠鑑別書ではない

多くの方は高級ネックレスには必ず花珠鑑別書が付くと思っておられますが、基本的に鑑別書は後から付けるもので付けるか付けないかは販売店や卸業者が独断で判断している項目です。

ですので、

1、意図的に花珠鑑別を取りに行くために細かい作業をしている卸業者や販売店。

2、十分花珠品質でも初めから花珠鑑別にこだわらない卸業者や販売店。

に分かれます。

 

つまり花珠鑑別書がついていなくても最高級級のネックレスを販売しているお店もありますし、オーロラ天女鑑別が取れるような品質に真珠科学研究所以外のGGC花珠や総合研究所花珠鑑別書を付ける事も可能ですので、単純に値段だけでは品質判断はできません。

 

花珠真珠ネックレスの松竹梅

このように、花珠鑑別書付でも品質や価格は様々ですので重要なのは

★安すぎず高すぎない花珠真珠ネックレス「竹」を選ぶ事

が一番の良い選択となります。

あまりに安すぎて価格競争をしているような場所の花珠真珠は、意図的に何か安い理由が存在する可能性もございます。

また逆にあまりに高すぎる場合は、意図的にブランド料や出店手数料なとがかかっている可能性がありますし、もちろんそうでない場合もございます。

 

安い物はなぜ安く、高すぎるものはなぜ高いのか?根拠が提示してあって初めて安心して購入できるのが花珠真珠ネックレスと言えます。

 

調色真珠と無調色真珠

花珠真珠ネックレスを購入する際に覚えておきたいもう一つの点は、調色真珠と無調色真珠という種類があるという事です。

真珠を浜上げして加工する段階で本来あったピンク色を取り戻すのが調色工程になりますが、この調色が加工業者によって沢山行われる場合と少ししか行われない場合の2種類に分かれます。

調色が沢山行われると結果としてピンク色が強い真珠となり、ピンク系が好きな方にとっては嬉しい選択となります。

逆に調色が少ないとピンクもうっすら程度になり比較的白に近いイメージになります。

無調色真珠

無調色真珠は調色を行っていないという事で、ベースとなる色が調色真珠よりもよりホワイトに近いイメージになる事が多いのが特徴です。

ただ無調色真珠は真珠の特性として調色真珠よりもベース色が若干クリームよりになる事がございますので、1本1本色味は異なります。

クリームが抜けている無調色真珠もあれば、うっすらクリームでも中からピンクの干渉色が強いと少しピンク系に見える事がございます。

注目できる点としては花珠鑑別書に記載されている色味表記はそこまで厳密に評価はされていません。

ピンク色が強くてもホワイト系と記載されていたり、ホワイト系ピンクグリーン干渉色などとなっています。

以下に調色と無調色を動画と画像で解説していきます。

 

以下は画像ですが、調色真珠は左側のうっすらピンクがかっているもので右側が無調色になります。

この画像はわかりやすいものを使いましたが、無調色真珠でもピンクが出ているものがございますので詳しくは動画もご覧ください。

巻き厚もチェックポイント

花珠鑑別書がつく真珠ネックレスのほとんどには巻厚が平均して何ミリあるかどうかの記載がなされています。

その表示には大まかにグラフで表示されている場合と正確な数字が記載されている場合がございます。

GGC花珠鑑別書では0.35㎜以上、真珠科学研究所では0.4㎜以上が花珠の基準として設定されています。

この巻厚に関してはもちろん目視でも大体巻いているかどうかは確認できるのですが、実際には鑑別機関に出して機械で測定しないと分からないのが事実です。

ですのでテリは出ているのに巻があまり良くなかったという事はよくある事です。

一般的にアコヤ真珠は巻きがあるとテリも強いという認識がなされていますが、実際にはある程度の巻までくれば目視だけでは巻厚を正確に予想するのは困難です。

 

★オーロラ花珠とオーロラ天女はテリが違っても巻厚の基準は同じです。

 

オススメ8ミリ花珠真珠ネックレス

これらの情報を総合して、おすすめ出来る8ミリの花珠真珠ネックレスはこのようにイメージしていただければと思います。

★比較的お若い方で、初めて花珠真珠ネックレスを検討される方(中高年の方は8.5ミリ以上をお勧めします)

★お若い方ならピンク系もあり、8.5㎜以上ならなるべく白を選択される方が多めの傾向ですので無調色も視野に入れる。

★色味表記が鑑別書以外にも明確に記載されているか。

★お予算に余裕がない場合、比較的低価格でも入手できるGGC花珠鑑別書付で最低相場よりも若干高くテリがあるもの。

★お予算に余裕があり真科研の花珠が届く場合、ギリギリ品質ではない最低相場より少し高く、その根拠が示されているもの。

★お予算にかなり余裕がある場合、オーロラ天女などを含め値段の根拠が明確になっているもの。

 

まとめ

花珠真珠ネックレスにも様々な種類がございますので、年齢やお予算に合わせて最適な一品を手にしていただければと思います。

通販やどの販売店で花珠ネックレスを買うにしろ、疑問に思っていることを一つ一つ解決してくれる素晴らしいお店に出会えることが、最後の決め手になるかもしれません。

 

当店のネックレスはこちら