真珠には、本物である事の証明として鑑別書を発行する事があります。

よく、「鑑別書はつきますか?」

というお問い合わせがあります。

販売している私たちとしては、間違いなく本物であるのになぜ鑑別書が必要なのだろうか?と思っている販売者様もおられると思います。

私も以前そのような疑問を持ったことがあり、鑑別書の発行をためらっておりました。

なぜなら鑑別書の発行にはお金がかかってしまうからです。

 

鑑別書を発行する目的として、

1、安心感(本物であることを確かめたい)
2、鑑別書がある事の高級感。

この2つが関係してきます。

現に鑑別書というのは、非常に立派な台紙にラミネート加工が施されていたりして、学生時代の卒業証書や試験の合格証明等を思い出すようなイメージです。

 

例えば、真珠鑑別関係で有名な真珠科学研究所が発行するアコヤ真珠の鑑別書であれば、ブランド力も付いてきます。

 

安心感を得るための目的ですが、日本の真珠販売業界で、偽物の真珠を売っているというような事はほとんどないかと思われます。(記載項目については不明)

中古品や、真珠に関して詳しくない方が個人で出品している場合は注意が必要ですが、それ以外は本物と考えてよいのではないでしょうか。

先日も、淡水パールをアコヤ真珠と記載して出品されている方を見かけました。

ご存知なのか?それとも故意なのか?真相は不明ですが、このようなリスクもございますので、場合によっては鑑別書の有無や、発行できるかどうかを確かめる必要も出て来ます。

真珠鑑別書の発行は専門機関が基本的に行っていますが、販売者側が独自で品質保証書という物を発行する事がございます。

この品質保証書に真珠の形や大きさ・種類について記載されていますが、それぞれ個別に鑑別しているのか、それとも一度に同じものを大量発行して付帯しているのか?

いずれにしろ専門機関が個別で発行してる鑑別書の方が正確性が高いと言えるかもしれません。

 

また「本真珠と記載されていたのに淡水パールだったので返品したい」

という方もおられます。

淡水パールも養殖真珠、本物のパールのである事はまちがいありませんが、日本においては本真珠=アコヤ真珠という考えが古く存在していますので注意が必要です。

 

真珠鑑別書にも様々な種類があり、真珠の種類が区別されている場合とされていない場合があります。

ですので発行を希望される際には、

 

★本物である事を証明したいのか?

★真珠の種類をはっきり証明させたいのか?

★真珠の品質をはっきり証明させたいのか?

 

目的を理解したいものです。