真珠ネックレスの留め具【※価格を公開】

真珠ネックレスを選ぶ際真珠自身の色々な個所をじっくり見ると思いますが、意外にも大切なのが留め具だったりします。

ここを見た目重視で行くのか、強度重視で行くのか、トータルバランス重視で行くのかとても悩みどころです。

購入される方の中には「そんなことは気にしない・・・」と思われる方もおられるかもしれませんが、すごく大事なポイントだったりします。

例えばあまりにもシンプルな留め具ですと、後ろから見られたときに気になりますし、(ロングヘア―で隠れていれば別です。)逆に凄くゴージャスな留め具だったりすると、目立ちますが、その後真珠の価格が気になってしまいます。

真珠ネックレス用の留め具はありとあらゆる種類がありますが、その質も様々です。

結論から言えば、真珠の価格にマッチしたゴージャス度を持っていれば適正かと思います。

 

日本ではビーンズタイプのクラスプが人気ですが、下記のように円形の変わった形もございます。

TASAKIやMIKIMOTOの数十万する真珠ネックレスならゴージャスに飾りたいところです。

5~10万円くらいの範囲なら、1~2万の物とは区別を付けたいところです。

 

では真珠ネックレスの留め具ってどのくらいコストがかかるものなのか?

真珠に限らず今多くの物が中国製ですが、安い物は100円程度で高い物は数千円~数万します。

もちろん中国製以外にも国産クラスプが存在し、宝石店やほとんどのアコヤ真珠では国産クラスプが使用されています。

 

材質にもよりますが、S925シルバークラスプは比較的低価格で大体が1000円以内、K14WG K18YG WGクラスプは数万致します。

チタン製のクラスプもござますが、シンプルタイプで3000円前後でしょうか。

ですので、金属アレルギーだからと言って仮に安価の淡水パールに14Kを選択しますと、パールよりもクラスプの方が高くなります。

 

安い物は当然直ぐに壊れてしまうものがあり、通販などではどうしても低評価が付いているものもあります。正直、選定する段階ではどれも新品であまり区別がつかないので、安いネックレスではコスト重視になる傾向があるのかもしれません。

なんでもそうですが、国産以外の物を選ぶのには少し特徴があり、

「安いのを選びすぎない事。」

これが重要です。

 

それで逆に高い物はどうなのかというと、高すぎるものはかなり盛っている傾向にあります。

 

例えば中国では現在国内産業に力を入れているので以前に比べて品質がかなり向上しています。

よっぽど安いのを買わない限りは、良い商品が購入できるようになってきました。

 

真珠に限らず現在多く日本に流通しているのは中国製だったりするので、このポイントを知っているだけで何でも良い買い物をすることができます。

次回家電でも何でもよいので、中国製を見かけた時は今日の文章を思い出していただければ嬉しく思います。